ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

ある時点でのWebサイトをアーカイブしておけるサービスはとても便利です。日本ではWeb魚拓が知られていますし、世界ではInternet Archiveがよく使われます。データは膨大になりますが、履歴が見られるというのは後々の振り返りでもとても便利です。

今回はそんなアーカイブ生成を誰でもできるようになるWebrecorderを紹介します。

Webrecorderの使い方

トップページです。ここで最初に表示するURLを指定します。

表示しました。リンクを辿ることができます。

Finishを押せば完了で、セッションが記録されます。

スナップショットを残しておくこともできますし、いつでも振り替えるようになります。

スナップショットを作成しました。

Webrecorderは自動ではなく、手動でアーカイブを残す仕組みです。ただし単にURLを指定するだけでなく、リンクを辿るようなブラウジングも含めてアーカイブしておくことができます。スナップショットを繰り返すと表示が乱れましたが、単純にアーカイブを残しておくだけなら問題ないでしょう。

WebrecorderはPython製のオープンソース・ソフトウェア(Apache Licnese 2.0)です。

Webrecorder

webrecorder/webrecorder: Web Archiving For All!

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2