ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Holo Lensであったり、Magick LeapなどARグラスと呼ばれるデバイスが登場してきています。そうしたデバイスを使えば、リアルの上にデジタルな情報を載せるのが容易に実現できます。

今回紹介するオープンソースソフトウェアはargon.js、Web技術でARを実現するソフトウェアです。

argon.jsの使い方

argon.jsのサンプルアプリケーションです。iOSですが、SafariではgetUserMediaはサポートされていないので、その部分は別途情報を送っていると思われます。

Oculusなど向けに二つに分けられます。

WebGLで描画しているサンプル。

コンパスを使って北にNorthという文字を浮かべています。

空中に浮かぶ元素図。

配置を変更。こういったSF風の体験ができるのがARですね。

全天球画像のビューワーとしても使えます。

Googleストリートビューのビューワー。

HTMLコンテンツの表示も可能です。

argon.jsはWeb技術によってARを実現します。まだSafariなどではサポートされていない機能もありますが、今度普通のブラウザだけでも体験できるようになるでしょう。今後の発展が楽しみなソフトウェアです。

argon.jsはHTML5/JavaScript製のオープンソース・ソフトウェア(Apache Licnese 2.0)です。

argon.js

argonjs/argon: An open-standards augmented reality platform for the web

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • MOONGIFTプレミアム
  • Mobile Touch