ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Web APIを使った開発が増えています。それに伴って求められるのが開発を効率化するツールです。データをセットしたり、ヘッダーを書き換えたりするのは面倒で、ストレスを感じるのではないでしょうか。

そこで使ってみて欲しいのがAPI Consoleです。Webブラウザ上から任意のWeb APIを実行できるツールです。

API Consoleの使い方

API COnsoleを立ち上げます。立ち上げる際にWeb APIのベースURLを指定しておく必要があります。

apiconsole --upstream=http://example.com

後はブラウザから確認できます。

実行したところです。結果がJSONで返ってきています。整形もされるので分かりやすいです。

パーマリンクをつけたり、curlコマンドでの取得方法も表示できます。

API Consoleは外部のAPIアクセスを代行してくれます。ヘッダーやボディ、パラメータが指定できますのでAPIをテストで実行して結果を確認するのが容易になるでしょう。

API ConsoleはGo製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

tarao/apiconsole

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • MOONGIFTプレミアム
  • Mobile Touch