ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Slackが流行っていることもあって、情報をどんどんSlack上にアップしていこうという流れになっています。外部のWebサービスもSlack連携のものが増えてきました。

今回紹介するのはSlackcat、コンソールとSlackを連携させるソフトウェアです。スクリプトの出力結果をSlack上にポストします。

Slackcatの使い方

Slackcatは標準出力などをそのままパイプで渡せばいいだけです。結果はこんな感じでファイルとしてポストしてくれます。

コマンドのヘルプです。ストリームにも対応しています。

$ slackcat --help
NAME:
   slackcat - redirect a file to slack

USAGE:
   slackcat [global options] command [command options] [arguments...]

VERSION:
   0.8

COMMANDS:
   help, h  Shows a list of commands or help for one command

GLOBAL OPTIONS:
   --tee, -t        Print stdin to screen before posting
   --stream, -s     Stream messages to Slack continuously instead of uploading a single snippet
   --noop       Skip posting file to Slack. Useful for testing
   --configure      Configure Slackcat via oauth
   --channel, -c    Slack channel or group to post to
   --filename, -n   Filename for upload. Defaults to current timestamp
   --help, -h       show help
   --version, -v    print the version

Slackcatを使えばコマンドの実行結果をそのままアップロードしたり、自社システムとSlackを連携させるのが容易になるのではないでしょうか。

SlackcatはGo製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

Slackcat

vektorlab/slackcat

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • MOONGIFTプレミアム
  • Mobile Touch