ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

開発者であってもプレゼンを作らないといけないことがありますよね。外部の勉強会であれば好きなツールが使えますが、企業であるとPowerPointが必須になるでしょう。

そこでPowerPointのファイルが生成できるpython-pptxを使ってみましょう。プログラマブルにスライドが作れるようになります。

python-pptxの使い方

デモです。まずはシンプルなHello World。

リストもできます。

ちょっと形が歪んでしまっていますが、ウィザードをつけることもできます。

さらにテーブルや画像も使えますが。

python-pptxはスライドの内容をすべてPythonで記述します。例えばHello Worldであれば次のように記述します。

from pptx import Presentation

prs = Presentation()
title_slide_layout = prs.slide_layouts[0]
slide = prs.slides.add_slide(title_slide_layout)
title = slide.shapes.title
subtitle = slide.placeholders[1]

title.text = "Hello, World!"
subtitle.text = "python-pptx was here!"

prs.save('test.pptx')

プログラマブルなスライドであれば、ネットワークから情報をとってきたり、変数化することで常に最新版に対応するといったこともできます。意外と使い道があるのではないでしょうか。

python-pptxはPython製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

python-pptx — python-pptx 0.5.8 documentation

scanny/python-pptx: Create Open XML PowerPoint documents in Python

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • MOONGIFTプレミアム
  • Mobile Touch