ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

今年はじめての人気ソフトウェアまとめです。大きなオープンソース・ソフトウェアは出てこなかったものの、Slack系のツールなど実用性あるソフトウェアが多かったのではないでしょうか。すぐにでも仕事で使えそうなソフトウェアをぜひ。

Togelack - Slack用Togetter

Slackを使っている企業は多いですが、その中でよく聞かれるのが、チャットの中で話したいつかのメッセージが流れてしまって探せないといった問題です。フローのサービスではありがちですが、業務で使っているとサービスである以上、知識をストックできる場を用意すべきです。それがTogelackになります。左側にメッセージを貼り付けていきます。これはドラッグ&ドロップでできます。

MindMapIt - リストを編集して表示はマインドマップで

マインドマップソフトウェアは数多くありますが、その多くはビジュアル的な編集を行うものとなっています。確かに見た目はいいのですが、サイズが大きくなると編集が面倒に感じます。そこでプログラマーで向きなMindMapItを紹介します。テキストを編集してマインドマップに反映していくタイプのソフトウェアです。MindMapItのいいところはアウトライン的にどんどん編集していった結果をビジュアル的にマインドマップで確認できることでしょう。ノードの場所や色などを気にすることもなく、アイディアの深掘りに集中できるでしょう。

diff-pdf - PDFファイルの差分を表示

プログラマであれば普段からお世話になっているのがDiffコマンドではないでしょうか。しかし差分を表示したいニーズはプログラマに限らず存在するはずです。例えばオフィスファイルでも差分を出したいと思うことがあるはずです。今回はdiff-pdf、PDFの差分表示を行ってくれるソフトウェアを紹介します。多くなってしまったPDFの整理に使えそうです。diff-pdfは2つのPDFファイルを指定して実行するだけです。そして、差分ファイルがPDFとして生成されるのがユニークです。

以下はプレミアムのみです。

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • MOONGIFTプレミアム
  • Mobile Touch