ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Google ChromeをWebアプリケーション開発に使っている方はたくさんいます。なぜならば、ChromeのDevToolsが便利だからです。ソースを見たり、編集したり、さらにブレークポイントを仕込んで処理をとめたりとWeb開発を大いに加速してくれる存在です。

そんなDevToolsだけを切り離したアプリケーションがChrome DevTools Appです。実用と言うよりも挑戦的な試みではありますが、面白いソフトウェアです。

Chrome DevTools Appの使い方

こちらがメイン画面。Google Chromeでは--remote-debugging-port=9222をつけて立ち上げます。
こちらがメイン画面。Google Chromeでは--remote-debugging-port=9222をつけて立ち上げます。

特定のURLに接続しています。この辺りは普段のGoogle Chromeと変わりません。
特定のURLに接続しています。この辺りは普段のGoogle Chromeと変わりません。

ちゃんとブレークポイントも設定できます。
ちゃんとブレークポイントも設定できます。

コンソールも利用できます。
コンソールも利用できます。

タイムライン。
タイムライン。

ExtensionやGoogle Chromeアプリのデバッグも可能です。
ExtensionやGoogle Chromeアプリのデバッグも可能です。

Chrome DevTools AppはGoogle ChromeのDevTools部分だけをnode-webkitを使ってアプリ化しています。同じようにnode-webkitを使って作ったアプリのデバッグに使える可能性もあるでしょう。ブラウザと密着してしまっているように見えましたが、こうやってデバッグ機能だけを切り離せるとなると、また違った活用法が見えてくるかも知れません。

Chrome DevTools Appはnode/JavaScript製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

auchenberg/chrome-devtools-app

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2