ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Webアプリケーションを開発する際にはテキストエディタやIDEを使うのが一般的です。しかし開発してWebブラウザに表示を切り替えて再読み込みして…というのは手間がかかるものです。

そこでWebアプリケーションをWebブラウザ上で開発してしまおうというのがChrome Dev Editorです。JavaScriptだけでなくDartを使った開発にも対応したエディタになります。

Chrome Dev Editorの使い方

こちらがメイン画面です。Chrome Dev EditorはChromeアプリとしてインストールされます。
こちらがメイン画面です。Chrome Dev EditorはChromeアプリとしてインストールされます。

最初にプロジェクトを作成します。
最初にプロジェクトを作成します。

エディタはハイライトがついたもので使いやすいです。
エディタはハイライトがついたもので使いやすいです。

内部サーバ機能付きです。
内部サーバ機能付きです。

GitやChrome Web Storeへのデプロイ機能があります。
GitやChrome Web Storeへのデプロイ機能があります。

Web Starter KitやPolymerをベースに生成することもできます。
Web Starter KitやPolymerをベースに生成することもできます。

Chrome Dev EditorはWebアプリケーションはもちろん、Chromeアプリの開発も可能です。サーバ機能があるのでフロントエンド開発はさくさく進むでしょう。何よりWebブラウザだけで全てできるのがいいですね。

Chrome Dev EditorはGoogle Chrome用、BSD Licenseのオープンソース・ソフトウェアです。

Chrome ウェブストア - Chrome Dev Editor (developer preview)

dart-lang/chromedeveditor

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • MOONGIFTプレミアム
  • Mobile Touch