ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Webブラウザ上でターミナルが動かせれば、システムの開発がブラウザだけでできるようになってしまうかも知れません。幾つかのソフトウェアが既に存在しますが、一つ難点がありました。それは1ウィンドウで1セッションしか使えないことです。

複数のセッションを開くのにタブを追加していくのは面倒です。そこで使ってみて欲しいのがtty.js、Webベースのターミナルです。

tty.jsの使い方

tty.jsはnpmでインストールできます。

$ npm install tty.js -g

インストールが終わったら起動します。

$ tty.js --port 3000

起動したらWebブラウザからアクセスします。

こちらがメイン画面です。Open Terminalをクリックします。
こちらがメイン画面です。Open Terminalをクリックします。

全体がターミナルになるのではなく、フローティングで表示されます。
全体がターミナルになるのではなく、フローティングで表示されます。

普通に使えます。emacsも使えます。
普通に使えます。emacsも使えます。

フルスクリーンモードにもできます。
フルスクリーンモードにもできます。

複数タブを開けます。丸印が有効になっているタブです。
複数タブを開けます。丸印が有効になっているタブです。

ライトをオフ。見やすくなりました。
ライトをオフ。見やすくなりました。

tty.jsは256色表示もサポートしています。さらに証明書ファイルを指定することでhttpsでの通信も可能になっています。セキュリティを考えたらその方が良いでしょう。普通に使えてしまうので違和感が殆どないのですが、後数年もしたらWebブラウザのターミナルは当たり前になっていそうです。

tty.jsはnode/JavaScript製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

chjj/tty.js

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2