ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

YabitzはRuby製、Apache License 2.0のオープンソース・ソフトウェアです。

筆者自身は多くとも10台くらいのサーバを構成する環境にしか身を置いたことがありませんが、それが数千台レベルになると管理体制が全く別物になることでしょう。そんなサーバ群を管理するライブドア(現NHN/データホテル)で使われているのがYabitzのようです。


メイン画面。基本はここで検索する形のようです。


製品の追加画面。


機器一覧。


ユニット数集計。


データを登録することでOSごとなどの集計が可能になります。


データ整合性チェック。

Yabitzはシンプルなデータ管理ツールで、ハードウェアのID、ラックの場所、サービス名、IPアドレス、シリアル番号などを保存し、後で検索したり集計できるようになっています。ホスティング企業として質実剛健なシステムになっているのではないでしょうか。

自社のシステムを自分たちで開発していると本当に必要な機能だけが実装されたシンプルなシステムになります。こういったシステムは外部の開発会社を使っていてはなかなか実現できないでしょう。

2割の機能で8割のユーザは満足するというのはよく言われることです。Yabitzはハードウェア資産の管理に特化しており、構成管理や監視といった機能は備わっていません。利用率の高いシステムを目指すならば自分たちで手を動かすのが一番ではないでしょうか。

livedoor/yabitz

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2