ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

exif.jsはJavaScriptを使って写真のExifデータを読み取るライブラリです。

スマートフォンの普及によって写真データをオンライン上に扱うケースが増えています。そんな写真のメタデータであるExifをJavaScriptで扱ってしまおうというのがexif.jsです。


サンプルです。写真を指定するとそのExifから位置情報を読み取ってGoogleマップにマーカーを立てています。

コードです。FileReaderでデータを読み取った上で解析しています。

exif.jsは位置情報のみならずホワイトポイントやフラッシュ、シャッタースピードなどExifで取得できるデータが網羅されています。これだけのデータが取れれば、面白い使い方が考えられそうです。

exif.jsはJavaScript製のソフトウェア(ソースコードは公開されていますがライセンスは明記されていません)です。


MOONGIFTはこう見る

サーバサイドでこのような操作を行う場合、必ず画像を扱うライブラリをインストールする必要があります。かつ画像はバイナリなのでプログラムからの扱いがあまりよくありません。積極的かつメンテナンス性よくコードを書くのは大変でしょう。そうした時にクライアントサイドを使うと分離できて便利かもしれません。

とは言えクライアントサイドの場合、ブラウザの種類とバージョンが多数あるのが難点です。全てのWebブラウザで動作するかどうかは確認が必要です。利用環境が限定できたり、サポートできるならクライアントサイドを積極的に活用していくべきでしょう。

exif.js

ajalabox/exifjs · GitHub

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2