ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

emo frameworkはAndroid/iOSの両方に対応した2Dゲームフレームワーク。

emo frameworkはAndroid/iOS用のオープンソース・ソフトウェア。一つのゲームを作るまでには様々な技術を知らなければならない。その最も有名なものとしては物理エンジンだろう。もちろん使わないゲームもできるが、他にも様々なゲーム特有の技術が存在する。


機能一覧

それらの習得は大変だ。だがスマートフォン向けにアプリを作るならばゲームが最もお勧めだ。しかも一から開発することなく、emo frameworkを使えば大幅に工数が減らせることだろう。

emo frameworkはAndroidにはC/C++、加えてiOSにはObjective-Cで2Dゲームフレームワークを提供する。物が落下した時に他に影響を与える物理エンジン、テキストが分かれる仕組み、マップをタイル上に並べて表示し、スクロールに応じて表示を切り替える仕組みもある。


光が動くデモ

ゲームパッドを二つ表示してオブジェクトをそれぞれ操作する方法、データベースにデータを保存して復帰する方法などゲームの開発で役立つノウハウがemo frameworkにはたくさん盛り込まれている。それらは全て一つのアプリの中にまとめて紹介されているので、一度試しておくとゲームを開発したいと思った時に役立つはずだ。


MOONGIFTはこう見る

スマートフォンや携帯電話はゲーム市場のあり方を大きく変えた。携帯電話向けのゲームは簡易でシンプル、しかしソーシャルを持ち込むことで中毒性の高いゲームを生み出している。スマートフォン向けは有名なタイトルよりもアイディア次第で楽しめる、新規参入が相次いで行われている。

MobageやGREEなどはサービス事業者が開発資金を補助することで、ビッグタイトルを携帯電話向けに投入する。そのためもあってなかなか新規参入しづらくなっている。対してスマートフォンではそのような仕組みがなく、ゲーム単価も安いために大手が参入しづらい。だからこそアイディア次第で流行る可能性を秘めている。ゲームを作るためのフレームワークも続々登場しているので、新規で開発に取り組むならば積極的に使っていきたい。

emo-framework - Lightweight 2D game framework for Android and iOS - Google Project Hosting

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2