ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

SyncdocsはGoogleドキュメントとローカルフォルダの同期ソフトウェア。

SyncdocsはWindows用のフリーウェア。Googleドキュメントは便利だと思うが、新規の文書をGoogleドキュメント上で一から作成することはほとんどない。ネットワーク必須というのがネックになってしまっているのかも知れない。オフラインで作成し、その結果を反映する場合がほとんどだ。


設定はウィザード

オンライン、オフラインともにメリットとデメリットがあるのだ。MS Officeも便利だが、それだけでは物足りない。両者の良い所を活かすソフトウェアがSyncdocsだ。

Syncdocsは常駐型のソフトウェアで、指定したフォルダにGoogleドキュメントのファイルをダウンロードする。そしてファイルを編集するとその結果をGoogleドキュメントに反映する。もちろんオンラインで編集した結果をローカルにも反映する。双方向での同期を行ってくれる。


メニュー

反映はリアルタイムで行われる。フォルダや専用の仮想ドライブに既存のファイルを投げ込めばどんどんGoogleドキュメントにアップロードが行われる。GmailまたはGoogle Appsアカウントが利用できる。また多少不安定(日本語ファイル名のせいかも知れない)だが非常に便利なソフトウェアだ。


MOONGIFTはこう見る

今はインターネットが使えるのが当たり前になっている。自宅ではADSLや光ファイバ、外出時には3Gが使われている。そんな状況だからこそオフラインになった時の不便さが際立ってしまう。それを一度経験するとオンラインツールを使うのがおっくうに感じられてしまうのではないだろうか。

Webアプリケーションは特にオフライン時のサポートをどうするか考えなければならない。ネットワークありきの設計はユーザの利用を躊躇させてしまうだろう。逆にオフライン時にもそれなりに使えるのは他社サービスに対して大きなアドバンテージになるはずだ。

Syncdocs - Easy Google Docs file sync and backup

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2