ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

ccvはHTML5とCanvasタグを使ってWeb上で顔認識を行う。C言語によるライブラリもある。

[/s2If]

ccvはWebベースまたはC言語製のオープンソース・ソフトウェア。最近の写真管理ソフトウェアの流行として顔認識がある。デジカメやプリンタでも顔認識機能を搭載し、自動的に明るくしたりするものもある。風景写真なども良いが、やはり人が写っている写真のが楽しいのだ。

そんな顔認識技術はWebベースでも提供されるようになっている。特にFacebookのようにSNSの中で使う場合は友人を自動認識させることでより活発な交流を促せるのだ。Webベースでの顔認識をHTML5/Canvasで行うのがccvだ。


実行例 via Tibetan Girl near Mount Everest | Flickr - Photo Sharing!

ccvは元々C言語で開発されているコンピュータビジョンライブラリだ。コンピュータビジョンということもあって、特に顔認識専門という訳ではない。OpenCVがよく知られているが、それと似たライブラリだ。そしてJavaScriptにポーティングされているのが特徴になる。


複数人の顔認識 via All sizes | The Explosion of Kids in Indonesia | Flickr - Photo Sharing!

画像をCanvasタグを使って読み取り、その結果顔と認識された部分を写真の中に赤い枠で囲んで表示する。PHPファイルも同梱されているが、オンラインのコンテンツを読み取るだけのものだ。認識部分はJavaScriptのみとなっている。複数の顔を一度に認識することもできる。写真を扱うようなサービスを作る時に使えそうだ。


MOONGIFTはこう見る

HTML5の登場以来、様々な機能がWebブラウザ上で可能になっている。ついに顔認識までJavaScriptで行えるようになった。レスポンスは意外と早く、これならば顔を何らかの画像に置き換えたりする実装も十分考えられるのではないだろうか。

Canvasによる描画なので正確には画像ではないが、色々な使い道が考えられるだろう。またその認識方法をコードから学ぶのにも役立つだろう。

via How to Do Face Detection via HTML5 Canvas | Web Resources | WebAppers

Badass JavaScript - Face Detection in JavaScript via HTML5 Canvas

デモ

[/s2If]

js at current from liuliu/ccv - GitHub

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • MOONGIFTプレミアム
  • Mobile Touch