ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Sencha TouchはJavaScript製/HTML5対応のオープンソース・ソフトウェア。iPhoneやAndroidはネイティブアプリが魅力の一つだが、WebKitによるHTML5の高性能化によってWebアプリケーションも見逃せない存在になっている。


スクリーンショット(2010-06-29 14.44.37).png

多数のサンプルが用意されている

 

ネイティブアプリはインストールさえされればアクセスが非常に容易になるのがメリットだが、そのインストールまでは壁が高い。サイトのターゲットによっても違うが、ネイティブアプリよりモバイル最適化サイトの方がメリットが高いと判断したらSencha Touchを使ってみよう。

Sencha TouchはかつてExt JSと呼ばれたWebアプリケーションフレームワークがSencha(煎茶)とネーミングを変え、そのモバイル向けに提供されるフレームワークだ。Webアプリケーション用なので最適化されたHTMLデザインだけでなく、アクションにもこだわりが見える。


スクリーンショット(2010-06-29 14.46.15).png

まさにアプリライクなインタフェースにも

 

ツールバーやボタン、リスト、フォームなどは言うに及ばず、AjaxやドラッグアンドドロップなどWebアプリケーションを構築するのに欠かせない機能も容易に利用できる。iPhone最適化サイト用フレームワークは幾つもあるが、その中でも高機能なフレームワークの一つになるだろう。

 

Sencha - Introducing Sencha Touch - HTML5 Mobile App Framework

 http://www.sencha.com/

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • MOONGIFTプレミアム
  • Mobile Touch