ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

SmokescreenはHTML5/JavaScript製のオープンソース・ソフトウェア(予定。ライセンスは未定)。AppleのFlash拒否の動きは止まることなく、他のスマートフォンとの対立が深まっている。Flashは既に世界中で利用されており、無数のコンテンツが存在するのが理由だ。


ピクチャ 92.png

広告デモ。上がHTML5+JavaScript、下がFlash

 

だからといって、今後永遠にコンテンツが増え続けるとは限らない。HTML5の登場によって、Flashによらないアニメーションや多彩な表現力がHTML5で実現する。旧来のFlashと今後のHTML5をつなぐのがSmokescreenだ。

Smokescreenは以前紹介したGordonと同様にFlash(SWF)ファイルを解析し、HTML5/JavaScriptによって実行するライブラリだ。広告のバナーやアニメーションのデモがあるが、SWFと変わらない動作を実現している。現在はまだダウンロードできるものは出ていないが、間もなくの登場予定だ。


ピクチャ 93.png

アニメーションデモ。寸分違わず動作する

 

さらにiPadやiPhoneといったFlash非対応のブラウザでも表示できるのが利点だ。こうしたブラウザを判定することで、これまではイメージファイルに差し替えていたのを、HTML5/JavaScriptによってアニメーションが実現できるようになるかも知れない。

もちろんうまく動作するものがデモになっているとは思うが、元々のFlashファイルと寸分違わず動作するのは非常に興味深い。デモは他にもあるので、公式サイトへ行って自分の目で確かめてみて欲しい。今後の開発、リリースに期待のかかるソフトウェアだ。

 

Smokescreen

 http://smokescreen.us/

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2