ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

pjs4iPadはJavaScript製のオープンソース・ソフトウェア。Processing.jsとはWebブラウザ上でProcessingというプログラミング言語を実行するライブラリだ。そしてそのProcessingとはブラウザ上で絵を描くための言語になる。


スクリーンショット(2010-04-12 13.56.57).png

iPad向けインタフェースに最適化されている

 

JavaScriptを使ってWebブラウザ上でグラフィックスが描けるようになれば、さらにHTML5の需要が高まっていくことだろう。そんなProcessing.jsをオンラインで編集し、実行できるのがpjs4iPadだ。

pjs4iPadはProcessing.jsを実行しているだけなのだが、そのインタフェースがiPadに最適化されているというのがユニークだ。もちろん他のiPhoneやiPod Touchでも動作することができる。Webブラウザで開き、文字を編集して実行するところまでpjs4iPad上で可能だ。


スクリーンショット(2010-04-12 13.56.20).png

実行結果もその場で確認できる

 

オフラインでの実行もサポートしている。iPadの性能であれば十分スムーズに動作するようだ。そうなれば将来的に画像や動画の代わりにProcessing.jsを使って描画するケースも出てくるかも知れない。Processingを勉強するのにもぴったりだ。

 

pjs4ipad - Project Hosting on Google Code

 http://code.google.com/p/pjs4ipad/

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • MOONGIFTプレミアム
  • Mobile Touch