ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

iSpotterはiPhone/iPod Touch用のオープンソース・ソフトウェア。セカイカメラをはじめとしてクウジットのPlaceEngineを使ったiPhoneアプリが軒並み販売停止になって混乱が起きている。WiFiアクセスに問題があると言うことしか分からず、今後の見通しが不透明な状態だ。


IMG_1036.PNG

WiFiから位置情報を得る

 

だがWiFiアクセスに問題があると言いつつも、類似した技術を使ったiSpotterは今もダウンロードが可能になっている(日本のみ)。オープンソース版はJailBreakが必要そうだが、App Store向けに販売も行われている(無料)。この違いはいったい何なのだろう。

iSpotterはLockyというサービスが提供しているWiFiの電波から位置情報を割り出すサービスを用いて地図上にピンを立てるサービスだ。位置情報は定期的にアップデートすることもできる。またTwitterに対してつぶやいたり写真を撮ったりすることも可能だ。


IMG_1035.PNG

WiFiデータはダウンロードして利用する

 

Locky自体はPlaceEngineに比べると範囲が狭いようで、実用レベルでの取得はまだ難しそうだ。位置情報取得にはGPSも用いることが出来るので、結果をiSpotterに蓄積し、Lockyへアップロードすることもできる。Geolocation APIを使ったWebサイト閲覧にも対応しているので、使い道は多そうだ。

執筆時のバージョン

 1.2.1

 

iTunesリンク

ispotter - Project Hosting on Google Code

 http://code.google.com/p/ispotter/

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2