ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

FirebugはGoogle Chrome向けの機能拡張。FirefoxをWeb開発者の心をつかんで放さないのは、Firefoxアドオンによる所が大きいと思う。そしてその代表例としてFirebugがある。これがあるからFirefoxを切り離せないと考える人は多いのではないだろうか。


ピクチャ 358.png

Google ChromeにもFirebugが!

 

そしてGoogle Chromeも機能拡張を備えており、コミュニティベースで様々なソフトウェアが開発されている。そしてついに登場したのがFirebug Lite for Google Chromeだ。ネーミングがなんではあるが、あのFirefox向けアドオンであるFirebugと同等の機能が提供されている。

コンソール機能を使ってJavaScriptを操作したり、CSSを修正したりすることが出来る。もちろんその修正はリアルタイムに反映される。これはGoogle Chromeをメインブラウザにしている開発者にとって、とても役立つソフトウェアになるだろう。


ピクチャ 359.png

CSSの修正もその場で

 

Firebug Liteという名前の通り、本家に比べると機能は一部実現していない。例えばネットワーク接続のグラフはなかったり、JavaScriptデバッガーがなかったりする。ある部分がどのCSS設定が適用されているか分かればもっと魅力的なのだが、Google Chrome版では提供されていない。とはいえ、Web開発者にとっては必須の機能拡張と言えそうだ。

執筆時のバージョン

 1.3.0

 

via Firebug web development extension comes to Google Chrome [ Download Squad ]

Firebug Lite 1.3.0 beta for Google Chrome - Google Chrome 拡張機能ギャラリー

 https://chrome.google.com/extensions/detail/bmagokdooijbeehmkpknfglimnifench

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • MOONGIFTプレミアム
  • Mobile Touch