ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

RGB MusicLabはWindows/Mac OSX用のフリーウェア。絵画と音楽は同じ芸術的な領域にあるものだ。片方に特化して才能を発揮する人もいれば、両方の領域において抜群のセンスをあらわす人もいる。とは言え同じ芸術とはいってもその作成手法も含めて随分異なるものだ。


スクリーンショット(2009-12-30 22.20.36).png

via Self Portrait in Barbados on Flickr - Photo Sharing!

 

だがコンピュータの力を使ってその二つを結びつけようと言うソフトウェアがRGB MusicLabだ。名前の通り、画像のRGB値を使って音楽を生成するというソフトウェアだ。ランダムではないので可逆変換なのが面白いソフトウェアだ。


RGB MusicLabではピクセルごとに音階が作られるのであまり大きな画像で生成するととても大きな音楽ファイルになってしまう。そのため予めモザイク処理によって粗くするのが大事だ。RGBそれぞれを3音のハーモニーにし、RGBの120と121が中央のCとしている。

設定は細かくでき、変更するたびに生成される音楽は異なる。全体を使うもよし、一部を切り出して使うのも良いだろう。生成された音楽はMIDIまたはAIFFとして保存が可能だ。写真やイラストから意外な音楽が生み出されるかも知れない。

執筆時のバージョン

 26c

 

via Find Out if Megan Fox Sounds as Good As She Looks With Music App [ Cult of Mac ]

RGB MusicLab

 http://www.kenjikojima.com/rgbmusiclab/indexJ.html


 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2