ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

数年前まではLive CDと言われていたのに、今ではLive USBというのが当たり前になっている。USBブートに対応していれば、小さなメディアで持ち歩くことが出来、CDとは違い読み書きにも対応する。複数の拠点を同じ環境で過ごしたい方には良い選択肢になるだろう。


ピクチャ 5.png

UbuntuのLive USBを作成する

 

そんなLive USBを作成するソフトウェアがLinux Live USB Creatorだ。

今回紹介するオープンソース・ソフトウェアはLinux Live USB Creator、LinuxのLive USBを作成するためのウィザードソフトウェアだ。

Linux Live USB Creatorは上から順番に指定していくことでLive USBが作成できるソフトウェアだ。まず第一にUSBメモリが必須だ。これはFATまたはFAT32でフォーマットされている必要がある。次にLinuxのCDまたはISOファイルが必要だ。

何のディストリビューションでも良いように見えるが、Linux Live USB Creatorのインタフェースを見る限りUbuntuが良いように見える。そしてUSBメモリの利用容量などを設定し、オプションを設定したら作成を行えば良い。

USBメモリへのインストールではあるが、CDまたはイメージファイルが必要なのがちょっと面倒ではある。だが一度作ってしまえば持ち歩けるLinux環境の出来上がりだ。後はどこからでもLinux環境を立ち上げることが出来る。それ以外でも緊急時のHDD救出用として用意しておいても便利そうだ。

 

LinuxLive USB Creator

 http://sourceforge.net/projects/lili-creator/

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • MOONGIFTプレミアム
  • Mobile Touch