ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Vistaは慣れると使いやすいらしい(使っていないけれど)。同じような理由でOffice 2007も慣れると使いやすいのかも知れない。メニュー周りのUIが一新されたせいで、はじめはどこに何があるのか分からなくなる。文書を作る目的において、そのような行動はストレスになる。


3dsearch15.png

元々の画面…。うーん、あの機能はどこにいった?

 

プラベートであればまだ良いが、仕事で使う上で道具の使い勝手が重要だ。とは言え、Office 2007のツールバーの配置はユーザの使いやすいように考えだされたものなのだろう。その移行期間に役立つであろうソフトウェアがUbitMenuだ。

今回紹介するフリーウェアはUbitMenu、Office 2007に2003風のメニューを追加するソフトウェアだ。

UbitMenuをインストールすると、Office 2007のメニューバーの並びにMenu(インストールした言語によるが)という項目が追加される。これを選ぶとかつて見られたような懐かしいOfficeのメニュー項目が表示される。


3dsearch16.png

懐かしいメニューが復活!

 

メニューの中身は日本語になっている所を見ると、Office 2007の機能を並べたもののようだ。これを見る限り、Office 2003で実行できていた機能はそのまま2007でも利用できるようだ。ただし並びや表示方法が変わったせいで、どこにいったのか分からなくなっているのだ。

UbitMenuを使っていれば、いざメニューの項目が分からなくなった時にかつてのインタフェースから探せるのでストレスがなくなる。そして慣れてきたら徐々に新しいインタフェースを使う頻度を増やしていけば良い。

いきなりの変化は不要なストレスを生み、ユーザの不満を高めてしまう。その移行期間に際してユーザの負荷を極力下げられる便利なユーティリティだ。

 

via UbitMenu: use the Office 2003 interface in Office 2007 [ freewaregenius.com ]

UBit Schweiz: UBitMenu (languages)

 http://www.ubit.ch/software/ubitmenu-languages/

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2