ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

ブログの特徴と言えるかは分からないが、最近は縦長のページが増えている(人様のことを言えないが)。縦長は若干面倒ではあるが、スクロールマウスを使う人が多いこと、ページ遷移に比べてストレスが低いことから情報の一覧性には優れていると思われる。


3dsearch9.png

設定画面

 

だがWebサイト全体をスクリーンキャプチャしようと思うと簡単にはいかない。そこで使いたいのがSimple Webpage Captureだ。

今回紹介するフリーウェアはSimple Webpage Capture、縦長のWebサイトでも一発で画像保存するソフトウェアだ。

Simple Webpage Captureではまず保存する画像形式を指定する。PNGやJPEGが選択可能だ。そして保存する場所を決める。ウォーターマークを有効にすれば、キャプチャに透かしを入れることが可能だ。


3dsearch10.png

ブラウザ画面

 

実際のキャプチャは独自のブラウザ画面にキャプチャしたいWebサイトを表示した状態で行う。キャプチャボタンを押すと一気にスクロールしながらキャプチャが取られ、最後に全ての画像を連結して保存される。

レンダリングエンジンはIEのものが使われているので、日本語のWebサイトでも問題なく表示される。また、独自のブラウザを使うことで横幅が柔軟に変更できるようになっているのが便利だ。プレゼンテーションの資料やヘルプなどで活躍しそうなソフトウェアだ。

 

via Simple Webpage Capture [ gHacks ]

Simple Webpage Capture v1.0.0 | PcWinTech.com™

 http://www.pcwintech.com/node/541

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • MOONGIFTプレミアム
  • Mobile Touch