ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

日本のオフィスには神業的なExcel使いの方々がいて、方眼紙のように網目を作り、そこに図形やチャートを作り上げている。仕様書や提出するドキュメントも全てExcelで作られていたりする。このような方々は、Excelが使えないとなったらさぞかし混乱をきたすことだろう。


ピクチャ 5.png

OpenOffice.orgを使ったガントチャートテンプレート

 

プロジェクトを管理をExcelで行っている方がいたら、そこだけはOpenOffice.orgに乗り換えられる可能性がある。ガントチャートを手早く作ってくれるテンプレートがあるのだ。

今回紹介するフリーウェアはGantt Chart for OpenOffice Calc、OpenOfficeのCalc(表計算機能)向けのガントチャート作成テンプレートだ。

Gantt Chart for OpenOffice CalcはOpenOffice.org用で、Excel用にはExcel Gantt Chart Templateというものも用意されている。上にプロジェクト概要、下にタスクとガントチャートが描かれるようになっている。


ピクチャ 6.png

入力値を変えれば動的にグラフが変更されていく

 

各タスクごとに開始日と終わり日、予想工数(日)、現在の作業状況、作業日数などを入れていくことで動的にガントチャートが更新される。タスクはサブタスクに分割でき、サブタスクの集計結果が親のタスクのステータスを書き換えるようになっている。

今日の日付には赤い縦線が引かれ、プロジェクトが滞りなく進んでいるか自ずと分かるようになっている。テンプレートでは親タスクは3つになっているが、計算式を真似れば増やすことも簡単だろう。

プロジェクトは生き物のように、刻々と状況が変化していく。それを適切に管理しようと思ったら入力はシンプルに、グラフは動的に生成される必要がある。Excel職人の方はこれを機にCalc職人になってみるのはいかがだろう。

 

Gantt Chart | OpenOffice.org repository for Extensions

 http://extensions.services.openoffice.org/project/gantt-chart

Free Gantt Chart Template for Excel

 http://www.vertex42.com/ExcelTemplates/excel-gantt-chart.html


 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • MOONGIFTプレミアム
  • Mobile Touch