ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Gitをはじめとした分散バージョン管理システムが流行っているが、システムの現場ではまだまだSubversionの利用が多いことだろう。そしてこれから新たにSubversionのサーバを立てようと考えている会社もあるかも知れない。


Picture 813.png

WebベースのSubversion管理インタフェース

 

そのような方々にお勧めしたいソフトウェアがある。WebベースでSubversionの管理ができるSubminだ。

今回紹介するオープンソース・ソフトウェアはSubmin、Pythonで作られたSubversion管理フロントエンドだ。

Subminのお勧めできる点として、格好のいいインタフェースがある。ユーザの作成、グループの作成そしてリポジトリの作成と全てWebベースで行える。インストールさえしてしまえば、ターミナルを使ってメンテナンスすることはまずなさそうだ。色合いなども何となくApple純正のソフトウェアのようなイメージで良い。


Picture 815.png

リポジトリ情報。リポジトリのブラウジング機能は提供されていない

 

ユーザやリポジトリを作成したら、HTTPベースでチェックアウトできる。TracのURLを記載するようになっており、Subminではリポジトリのブラウズ機能は提供されていない。ディレクトリごとにアクセス権限を設定することも可能だ。

通知を送る機能を含め、Subversionを運用する上で最低限必要な機能は揃っている。Subminさえセットアップしてしまえば、新しいプロジェクトを追加したりするのも簡単だ。ユーザ認証も簡単に設定できるので、運用コストは大きく下がるだろう。既存のリポジトリを取り込めるか分からないが、少なくとも新しくはじめるならぜひチェックしたいソフトウェアだ。


Picture 814.png

ユーザ作成画面

 

Submin - Subversion Web Administration

 http://supermind.nl/submin/index.html

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • MOONGIFTプレミアム
  • Mobile Touch