ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

誰の家にもある二台以上のMac OSX。そこに登録されている各データを共有したいと思ったことはないだろうか。MobileMeを使うと複数台のMac OSX間でデータを共有することができる。例えばカレンダーやアドレス帳だ。しかしMobileMeはお試し期間中に止めてしまった。


Picture 123.png

設定画面

 

しかし各コンピュータ間でデータの並列化がされれば、タチコマ並に便利になる(はず)。そんな訳でこちらを紹介しよう。

今回紹介するフリーウェアはfruux、Mac OSXの各種データを並列化するソフトウェアだ。

fruuxがサポートするのは、iCal、アドレス帳、Safariのブックマークとなっている。今後、初期設定の同期やiPhone、そしてMobileMeのようなWebアプリケーションへとつなげていく方針になっている。


Picture 130.png

ログ

 

iPhoneやWebアプリケーション化がなされれば、まさにMobileMeのライバルになる。特に、GoogleカレンダーをiCalで編集している際に、その設定の一切が別なコンピュータに移動されるのが便利だ。

fruux自身は初期設定パネルの中にインストールされる。ユーザ登録はそのfruuxの初期設定パネルから行える。メールアドレスとパスワードだけというシンプルさだ。これだけであなたのデータは自動でバックアップ、同期されるようになる。

万一マシンが壊れた際にも、fruuxのバックアップデータから復元できるだろう。同期、そしてバックアップと便利に使えるソフトウェアだ。

# 2008年10月11日リンク修正。

 

fruux - "Just Sync, No-frills!"

 http://www.fruux.com/

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2