ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

インターネットを使って調べものをする機会が増えている。そして気になった情報はブックマークに登録しておき、後で呼び出せるようにする。だが、後で見たときにどの部分が大事だったか、何に使うつもりだったのか忘れてしまうことがある。


ピクチャ 13.png

Webページにマーキングができる

 

書籍や雑誌であれば、覚えておきたいページにしおりをつけたり、折り曲げたりして、さらにマーカーで線を引いたりもするだろう。そんなアナログな雰囲気をブラウザで再現してくれるのがこのソフトウェアだ。

今回紹介するフリーウェアはWired-Marker、Firefox用のスクラップソフトウェアだ。

Wired-MarkerはFirefoxアドオンとして動作するソフトウェアで、ブラウジングしている最中に文字列を選択し、マーカーをつけることができる、複数の色があり、目的に応じて使い分けることが可能だ。スクラップしたデータにはメモをつけることができる。


ピクチャ 12.png

設定画面

 

色をつけた場所はXPathを使って記録されるので、パーマネントリンクであればまず再現される(随時データが変わる場合などは難しい)。そしてデータはXMLで出力できるので、何人かでデータを共有したい場合に、URLのリストと見るべき場所を一括して渡すことができるのが便利だ。

さらに文字列のみならず画像もスクラップすることができる。Wired-Markerはサイドバーに表示できるので、そこから該当ページのマーカーがついた場所にジャンプすることもできる。お気に入りのように利用することもできるのだ。

対応ブラウザはFirefox2または3となっている。Wired-Markerを使って情報収集を手早く効率的にしていこう。

 

Wired-Marker ホーム:ブックマーク、情報収集・整理・共有のためのFirefox無料アドオン

 http://www.wired-marker.org/

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2