ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

最近はRESTがもてはやされてあまり名前を聞かないXML-RPCではあるが、一番開発しているのがブログエディターだろう。オープンソース系のブログエンジンやMovableTypeなどではXML-RPCを使ったブログ更新が可能になっている(幾つかのASPでも可能)。


ピクチャ 20.png

リクエスト

 

そんなXML-RPCではあるが、自分で開発したり何らかのエラーがあった時にテストしようと思うと意外と面倒だ。プログラム言語を使ってテスト用のコードを組む方法もあるが、それが面倒ならこれを使おう。

今回紹介するフリーウェアはXML-RPC Client、Mac OSX向けのXML-RPCクライアントだ。

XML-RPC Clientはエンドポイントとメソッド、そしてパラメータを渡して実行すると、その結果を表示してくれる。レスポンスの内容を調べれば、エラー原因が分かるようになるだろう。


ピクチャ 18.png

レスポンス(XML)

 

特徴的なのは、パラメータをXMLではなく、JSONで記述する点だろう。JSONで記述することで、その内容をXMLに変換してリクエストする。これはJSON-RPCを見込んでいる、ということなのだろうか。いずれにせよXMLよりは冗長性が低いので、慣れればかきやすいかも知れない。

こうしたテスティングツールは、開発時やデバッグ時に威力を発揮するので覚えておいて損はない。はまって一日を無駄にすることがないよう、頭の片隅に入れておこう。


ピクチャ 17.png

設定画面

 

Cocoa XML-RPC Client

 http://ditchnet.org/xmlrpc/

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2