ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

動画共有サイトの動画はよく消える。著作権的な問題だったり、一時的なアップロードだけだったりと理由は様々だが、そのためにダウンロードして保存しておく人も多いのではないだろうか。また、動画をiPod Touchやその他のデバイスで見たいときにもダウンロードする。


ピクチャ 1.png

チャンネルと番組一覧

 

Adobeから新しくリリースされた動画プレーヤは、そんな今の動画管理にぴったりのソフトウェアと言えそうだ。

今回紹介するフリーウェアはAdobe Media Player、各種チャンネルも見られる動画プレーヤだ。

どちらかと言われるとメインは動画配信機能だろう。音楽やニュースなど、様々なジャンルの動画を簡単に見ることができる。ダウンロードされた動画はオフラインであっても見られるのが便利だ。すでにMTV、CBS、MyToonsといったメディアが番組を提供している。


ピクチャ 2.png

動画を流しているところ

 

これだけでも十分と言えそうだが、さらに便利なのが独自の動画管理機能だ。Flashビデオを登録しておき、クリックするだけで簡単に見られるようになる。ダウンロードしておき、後で見る用途ならわざわざ面倒な変換をせずにAdobe Media Player上で管理、閲覧すれば良い。


ピクチャ 3.png

ローカルのFLVファイルを登録、管理できる

 

Adobe Media PlayerはAIRで作られたソフトウェアで、Mac OSX/Windowsどちらでも動作する。マルチプラットフォームで動作する点も便利なソフトウェアだ。

 

Adobe - Media Player

 http://www.adobe.com/products/mediaplayer/

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2