ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

ファイルを別なPCに渡そうと思ったらどうするだろうか。ファイルサーバがあれば良いが、なければWindowsネットワークで共有を作ることもある。またはApacheなどのサービスを立てて、ファイルを渡すこともあるだろう。

ピクチャ 3-57

だがディレクトリをまとめて渡したい場合や、Webサーバを立てて各種設定をするなど非常に面倒くさい。シンプルにいこう。

今回紹介するオープンソース・ソフトウェアはWOOF、シンプルにファイルを渡せるソフトウェアだ。

WOOFはファイルを指定しながら立ち上げるWebサーバで、例えば8008ポートを指定して起動すると、他のPCからhttp://IPアドレス:8008にアクセスすると即座にダウンロードが開始される。ファイル名を指定する必要もない。

ピクチャ 2-58

起動時にディレクトリを指定すると、ファイルを圧縮して一つのtar.gzファイルとしてダウンロードしてくれる。これまたシンプルだ。また、指定した回数ダウンロードが行われるとサーバが落ちる仕組みもある。例えば二回ダウンロードさせたら終わり、といった具合だ。

ごくごくシンプルなのが良い。ダウンロードという目的だけのために作られた、ある意味潔いソフトウェアだ。

Woof - simply exchange files

 http://www.home.unix-ag.org/simon/woof.html

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2